頭を良くするメリット

心を掴む言葉



頭を良くするメリットというのは
どのようなことが考えられるでしょうか。



一般的に頭が良いと呼ばれる人は、記憶力が良い、
複雑な事象を理解しそれを簡単に説明ができる人、
答えを出せる人、効率を考えて物事を考えられる人
などが考えられます。



難関校の入学試験を通るためには
単純に覚えることが多く、記憶力が良い、
複雑な問題を解ける人だけが通過できる
と言われています。



記憶力が高いということ は、単純に脳の中の情報量
が多いだけではなく、取り入れたものを整理し、
必要な場面で一番良い記憶や情報を取り出して、
うまく利用できる能力
が高いということです。



過去の経験や学習した情報から一番良い情報を
引き出せる能力というのは、どのような職業や
役割についたとしても、利用価値の高い能力だと
考えられます。



これは頭を良くすることによって得られるメリットかもしれません。



もう一つ、一般的に頭が良いと言われている人は、
頭の回転が速い、問いかけに対する返答がとても面白い、
興味深いなどと言うような、司会者や、落語家、有能な
営業マンのような職業の人に対しても使われる言葉です。



彼らはとくに、難関校の入学試験を通っているわけでは
ありませんが、ひとつの事象に対して観客やお客さんの
心を掴む言葉を瞬時に選び、心を惹きつけます。



彼らもまた、机上の勉強だけではなく、自らの経験や
実体験から学んできた経験の引き出しから瞬時に適切な
言葉や行動を選び出し、適切な場所で発するという
頭の良さを持つ人なのかもしれません。




こちらの頭の良い人というのは、周囲からとても好かれる、
信頼をされる、好かれるというメリットがあります。



頭の回転の速い人のトーク番組を見ているのは
楽しいですし、その人が話をするだけでお客さんに
とても受けが良いというのは、営業など対人関係に
おいて大きなメリットになります。


3時間の勉強を10分で【ジニアススタディー】

任天堂DS「右脳を鍛える」シリーズの川村明宏博士があなたを天才にします。

このページの先頭へ

内臓脂肪の落とし方