頭が悪い人の特徴

頭の切り替え




頭が悪い人の特徴は幾つかありますが、まず同時に
複数の事ができないのに、しようとしてしまう事です。



頭の回転が速いというか、切り替えができる人は、
同時に複数の事をやっていても上手に対応ができますが、
頭が悪い人は 効率よく頭の切り替えができません。



しかし、同時に複数の事を頼まれると、できないのに
しようとして全て中途半端になってしまいます。



作業の途中などに、他の事が気になると、
そっちばかりに気を取られてしまい、 最初に
していた事は忘れてしまっていたりす
るのです。



ですので、同時に並行して作業したり
考えられる練習から始めると良いですね。




次に 応用が利かない点が挙げられます。


頭の良い人はなぜ応用が利いて臨機応変に対応できるか
というと、一言でいうと 「視野が広い」のです。



言うなら俯瞰で自分を見る事ができるので、例えば
今やっている仕事と、別の仕事を繋げたりする事
ができるのです。



点と点を繋げていく事ができます。



一方頭が悪い人は、1つ終わったら次、
1つ終わったら次と今の仕事を次の仕事に
活かせる事ができません。



思い当たる節があれば、
視野を広くするクセを付けるとよいでしょう。



3時間の勉強を10分で【ジニアススタディー】特典付き

任天堂DS「右脳を鍛える」シリーズの川村明宏博士があなたを天才にします。

このページの先頭へ

内臓脂肪の落とし方