頭を良くするトレーニング 

解読速度と関係が深い




頭を良くするトレーニングに「SP速読」という
トレーニング法があります。



頭が良いとされる人は コミュニケーション力が
高かったり記憶力が良かったり
します。



コミュニケーション能力が高い人は、相手の話を
聞いて何を伝えたいのかすぐに察知する事が出来ます。


また自分が伝える側の立場でも話たい事を頭で
まとめてから相手に伝えることが出来るので相手との
コミュニ ケーションが非常に取りやすくなります。


このようなコミュニケーション能力は
「相手が何を伝えたいのか」など 解読速度と
非常に関係が深い
です。



そこでSP速読でトレーニングすると
解読速度を早めることが出来ます。



自分で小説などの本を準備して1分間だけ
本をめくり続けて内容を理解するという手法です。



普段の本を読んでいる時とは違い、
限られた時間の中で本の内容を理解しなければ
ならないので 解読速度がはやくなります。


ま た解読速度だけではなくSP速読では次々入ってくる
情報を覚えていなくてはならないので記憶力も必要不可欠に
なり、 記憶力を上げるトレーニングにもなります。



慣れるまでは難しいですが一度頭を良くする
トレーニングSP速読にチャレンジしてみて下さい。



速脳研究会会長の川村明宏博士おすすめの脳トレーニング
任天堂DS「右脳を鍛える」シリーズの川村明宏博士があなたを天才にします。

このページの先頭へ

内臓脂肪の落とし方