頭が良くなる習慣

思考をフルに回転



人間だれしも、「頭が良くなりたい」「賢くなりたい」
と願っているのではないでしょうか。


しかし、
「もともと頭がよくないから」「頑張ってもむり」
とあきらめている人も多いと思います。



しかし、実際に頭が良くなる習慣
というものはいくつか存在します。


まずよくいわれるのが、「読書をする」ことです。



これは 「頭が良い=語彙力がある」と考える人
が多いためで、 語彙力を高めるには、読書が
有効
だからです。



語彙力をより高めるためにも、自分が今まで
手をつけていないジャンルの本を読むと、特に
効果があるといいます。



また、ゲームなどでおなじみの、
「脳トレ」とよばれるものも、頭が良くなるといいます。



脳トレでは 思考をフルに回転させるため、
頭が良くなるといわれているのでしょう。



脳トレは、1日5分でもよいので、毎日続けて
習慣化させることが大切だといわれています。



さらに、マインドマップやToDoリストを書くことも、
頭が良くなる習慣といわれています。



マインドマップやToDoリストを書くことにより、
思考がすっきり整理され、理路整然とした考え方が
身につく
からだといわれています。



このように、頭が良くなる習慣はたくさんあります。



どれかひとつでも、自分にあったものを見つけて
チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


あなたを天才にする脳トレーニング

限界を超えた脳トレーニングであなたの潜在能力が開放されます。

このページの先頭へ

内臓脂肪の落とし方