頭が良くなる食事

脳に栄養を!




受験を控えるお子さんや、資格試験に挑む
会社員の方などどのような食事がを選べば良いのか
悩まれるているのではないでしょうか。



脳の重さは体重の2%ほどですが、
酸素の消費量は全身の20パーセント、
ブドウ糖の消費量は全身の25%と、
脳は体積の割に栄養の消費量が多い部位で、
栄養を多く必要とします。



日ごろからバランスの良い食事を取り入れたいですね。



では、具体的にどのような食事が適しているのでしょうか。


青魚に含まれるDHCという栄養素は脳内の血液の流れ
良くするといわれており、 脳に栄養を送り届ける
役割を持っています。



DHCは脳の組織にも多く含まれていますが、
体内では生成できません。



DHCを含む青魚を使った料理には、
マグロの鉄火巻、ブリ大根、いわしの梅煮、
サバの味噌煮、サンマの塩焼きなどのレシピが考えられます。



そして大豆や黄卵に含まれるレシチンは 記憶力の補強
また、 集中力や記憶力を高めるにはビタミンB1が良い
といわれています。



レシチンを含む大豆を使った、
納豆、お味噌汁、卵焼き、豚肉の味噌漬け。


ビタミンB1が含まれている食品は玄米や牛乳などがあります。



ブドウ糖は 脳を動かすことのできる唯一の栄養素です。


足りないと脳が活動してくれません。



ぶどう糖を含むのは、炭水化物、
バナナ、チョコレートなどの菓子類が該当します。



炭水化物を抜くような極端なダイエットなどは、
脳の活動にも悪い影響を与えてしまいそうです。



他には、 記憶力を高めてくれる
亜鉛を含む牡蠣、ココアなど。


脳に影響の良いものだけをとっていれば良い
というわけではなく、体調面をととのえることも、
勉強や試験の結果につながります。



栄養バランスのとれた食事をとるようにしましょう。



あなたを天才にする脳トレーニング

限界を超えた脳トレーニングであなたの潜在能力が開放されます。

このページの先頭へ

内臓脂肪の落とし方