川村明宏のジニアススタディとは?

マルチ記憶



川村明宏のジニアススタディは、人の
「見る」「聴く」「書く」「話す」「記憶する」
という動作が同時に行えるようにする
ことで、
学習の効率を最大レベルまで高めようという
発想から開発された教材です。



勉強に時間をかけている割になかなか覚えられない、
効率が悪いと感じている方は、自分が持っている
能力が十分発揮されていない可能性があります。


川村明宏のジニアススタディは、
「シングル記憶」と「マルチ記憶」という
2つのトレーニングに分かれています。

まずは「シングル記憶」で
「見る」「聴く」「書く」「話す」「記憶する」
能力をそれぞれ高めてから、「マルチ記憶」でそれらの
能力を組み合わせ、効率アップを図ります。



たとえば、「見る」能力を高めるためのトレーニングでは、
目の機能を高めたり、速読のためのトレーニングを行い、
「話す」ためのトレーニングでは、話し方のスピード
を変えたり、口の運動や発音のトレーニングなどを行います。



ジニアススタディで行うトレーニングは、
学習効率を高めることを目的に開発された
プログラムですが、内容をきちんと
身に着けることで、自身の持っている
総合的な能力を高めることに役立ちます。



3時間の勉強を10分で【ジニアススタディー】

任天堂DS「右脳を鍛える」シリーズの川村明宏博士があなたを天才にします。

このページの先頭へ

内臓脂肪の落とし方